セフレにこの事に関してBさんが思ってもいなかった見解を喋り始めます

筆者「Eさんだけはエッチ友達由縁が心成しか違う感じですが、如何なることがあった上で、復讐を実際に行おうと決めたのですか?差し障り等もしなければ沖縄セフレ募集 無料 セフレ サイトお話して欲しいです」
E「差し障りが全く無いと言う訳ではないですが(笑)、今回はきっちり謝礼も貰っていますので、お伝えしようと思います。まず最初にですが、わたし、高校の2・3年生の頃に、出会い系サイトでお目に掛かった方に、暴行未遂になる被害状態にあってるんですよ」
筆者を含めた、Eさんを除いたその場の全員が、波が引いたかのごとくとたんに口を閉ざしました…。
E「一切何もしないからと言われ、2人でカラオケ店に入ったんです。けど、だいぶ古い感じで暗い所で、店員も全く来てくれないような、だいぶ奥の部屋へと向かい、その後、いきなりソファへ押し倒されスカートをめくられたんです」
筆者「それだったら、訴える事で解決できる筈だし、サクラとかに手を出すより、警察に解決してもらう方がよほど復讐になるよ」
D(居酒屋業の女性)「私もその方が良いように思えます…」
筆者「サクラに限定しないといけない事情が別にあると言うことですか?」
E「警察へは勿論行きました。でも、あなたが訴える為には、相手がしてきた事を丸々全部、大勢の人達に聞かれている状態でしっかり説明する必要が有るんだよって言ってきた訳です。あなたが微量でも相手がしてきた事を快く思っていたのであれば、その事が公になった瞬間、そこまでの苦労が全て意味の無いものになるんだよって。訴訟がダメなら、サクラを使って、内部から出会い系自体を潰してやる、と思って」
どうやらセフレEさんはまともに対応しない警察にあしらわれ、正当なやり方に絶望を感じた為に、サクラをするようになったみたいです。
そして、この事に関してBさんが思ってもいなかった見解を喋り始めます。
D(キャバクラで働く)「有名ブランドのバッグなんて頼んだらちょろくないですか?あたしもそうなんだけど、数人に同じ誕生日プレゼントおねだりして自分用とあとは現金に換える
筆者「そうなんですか?せっかくもらったのにどうなるんですか?」
D(キャバクラ在籍)「そんな騒ぐことかな?全部取っとく人なんていないです。残しておいてもせっかく価値があるんだから流行が廃れないうちに置いておいてもメーカーだってうれしいでしょ?」
E(国立大に通う十代)聞きたくないことかもしれませんが、わたしもなんですけどお小遣いに変えますね」
C(銀座のサロンで受付を担当している)「出会い系サイトを通して何十人も使い方知りませんでした…私はまだまだブランドのバッグなんてねだったこともないです」
筆者「Cさんの話に移りましょうか。出会い系サイトではどういった人と絡んできたんですか?」
C「プレゼントをくれることすらないです。共通してるのはセフレプロフ盛ってる系でおしゃべりなんて問題じゃないんです。わたしなんですけど、出会い系を利用してこの人はどうかなってやり取りを重ねたのに、ホテルの話をされて悲しくなりました。
筆者「出会い系サイトを使って、どういった異性と知り合いたいんですか?
C「調子乗ってるって言えば、医者とか弁護士の方とか国立大学にいるような高学歴の人がいいですね。
E(国立大に通う)わたしはですね、今は国立大にいますが、出会い系サイトにもまれに出世しそうなタイプはいる。けど、恋愛とは縁がない。」
出会い系サイトの特色としてオタクに関してネガティブな印象のある女性はどことなく多数いるということです。
オタクの文化がアピールしているかに感じられる国内でも、まだ一般の人には見方はないのではないでしょうか。
この時は、出会い系サイトのアクセスしている十代から三十代までの女性5人にインタビューを行いました。
顔ぶれは、結婚生活を送るA、三股をかけているB(ギャル風)ナイトワーカーをしているD、それから、国立大に通うE。銀座にある反射療法のリフレクソロジーサロンで応対をしているC、
実をいうと、三十代の女性だけに五人迎えたかったもののドタキャンのため、早々と駅前で「出会い系サイトについてのインタビューをさせていただけないか」と何十人かの女性に呼び込みをして、いかがわしいキャッチにも、二つ返事で了承してくれた、十代のEさんを加えた五人としました。
開口一番、筆者をさえぎってしゃべりだしたのは、三股に成功したBさん。
三十代のギャルB「出会い系サイトですが、「みなさんはどうしてログインするんですか?私はATMが欲しくて今三人並行中です」
しゃあしゃあととんでもないことを言うBさんに、他の4人も踏ん切りがつかないながらも自分の体験談を語り始めました。
A(旦那あり)「私に関しては、率直に言って主人だけだと寂しくて使いだしたんですよ。倫理観からいったら、ありえないことだって知ってるんですが、やっぱり出会い系サイトは利用する。」
B「ちょっと使うだけで依存しちゃいますよね」
筆者「お金のために出会い系サイトに書き込む女の人は大勢いる?」
B「お金入らなきゃハマらないですよ」
そして、キャバクラ嬢をしているDさんがそしらぬ顔で、男性にとっては聞きたくない手の内を語りました。

関連記事: